厨房酒場 かもめせらー (中央区 銀座)

大船渡スポット

店舗名
厨房酒場 かもめせらー
 住所
東京都中央区銀座6-7-19 ミクニビル4F
 連絡先
03-3569-2728
 定休日
土曜日
 営業時間
【月~金】 16:00-翌2:00
【日・祝】 15:00-22:00

店長:佐々木 徹勝(ささき てつかつ)さん

出身:大船渡市盛町

 大船渡スポット

バーテンダーいう仕事

皆さんイメージされるのはカクテルを作るという事だと思うんですけども、それはあくまでバーテンダーがやるべきことの一つなんです。
実際の所は裏方での仕事が多く、お客様としては、もてなす技術やその人の持つパーソナリティといったものを選んでお店に来られますのでそういう部分も日々向上させていく必要があるんです。

 

また如何に一杯のお酒に価値を付けてお客さんに喜んでもらえるかという所も大事です。
その為にはやはりお酒の事をよく勉強しておくこととか、一杯のお酒に関して何か面白い話や情報なりがあれば、その一杯というのが物凄く価値が上がるものになります。

 

 

バーテンダーという職に出会ったきっかけ

高校卒業後、上京し調理師学校で学びつつ、レスランバーという所でBARコーナーを任された時、バーテンダーという仕事についてはじめて知りとても興味が湧いたんです。
そこからこの仕事の勉強をしたいと考えたのがきっかけです。

 

卒業後はそのままアルバイト先の所に就職したんですが、上司に頼んでバーテンダースクールに通わせてもらい、技術や知識を学びました。またそのスクールで講師だった方に銀座にありましたモンドBARという所を紹介して頂き、そちらで21年勤めた後に独立しまして現在に至っております。

大船渡スポット

 

東京に出てきて困ったこと

色々ありますけども何か一つあげるとするならば、東京に住んでいて友人・知人も多くいるのですが、利害関係の無い仲間というのはいなくて。そういった弱い所とか曝け出しあえるような仲間というのは地元の同級生とかであって、東京では出来ないなと感じています。

 

 

離れてみて改めて思う大船渡

やはり自分が生まれた場所なり家がある場所ですので無条件で好きというか、自分の中では絶対的に離せない場所ですね。

潮の匂いといいますか、大船渡に近づくにつれて海とか磯の香りがしてくると凄く懐かしい気持ち、故郷に帰ってきたんだなという気持ちが湧きあがってきますね。子供の頃は当たり前のものと思って何も感じなかったんですけどね。

 

そして私は大船渡、岩手の食材は世界一だと確信しています。東京に出てきて色んな経験や知識を積んだ上で考えると、大船渡の最高の食材にもっと付加価値を付けていかないと強く感じています。輸送技術の発展から東京でもそれなりにいい状態のままで食材が手に入るようになりました。言い方を変えると、大船渡に行かなくても大船渡の最高の食材が東京で食べられるようになったということです。それはこれまでその食材の素晴らしさを誇りにして観光客に飲食サービスを提供して地元業者にとっては、新たな変化が必要な時代になったと見なければいけません。

 

今後の夢

現在自分は大船渡や岩手の食材を使って調理して、銀座などのお客さんに味わってもらい、大船渡や岩手を「広めていく」という活動をやってきていますが、その延長線上にもっと何か大船渡に貢献できればなという思いが強くあります。

若い人が残っていくような街であったり、皆が自分の街を誇りに感じたり、そういう街にしていくために自分が直接動くのは難しかったりしますが、そういう動きをしている人に何かしら協力していく活動を一番やっていきたいですね。

 

先ほどお話したことに関連しますと、大船渡出身の方で地元にいただけでは身につかない視点や物事の考え方を経験したいというのであれば、このお店にスタッフなりアルバイトなり、インターンで来るという事は凄く歓迎します。その際は東京で生活できるような形は作っていきたいなと思っています。銀座というエリアで、更にターゲットを絞ったこのお店に来て下さるお客様の中から学ぶことは本当に多くありますし、きっと世界観も変わるはずです。それを大船渡に持ち帰ってもらって、地元の人間だからこそ出来ることをやっていってもらえたらと思いますね。大船渡を豊かにする方法を一緒に探求していきましょう。

大船渡スポット

「かもめせらー」の地図