鹿肉入ったよ!を合図に

11月30日(木)

伺わせて頂きました、八王子 ビストロ「gauche」!

今回は鹿肉を入荷したので是非という連絡を頂き、年末が近づき忙しい時に申し訳ないとも思いつつ鹿肉に釣られ、お邪魔させて頂きました。

いつも通り爽やかな笑顔で迎えて頂いたオーナー。
この日も1皿1皿に見て食べて美味しさを楽しんでもらおうという想いが存分に感じられる料理を提供して頂きました。
個人的にはメインの鹿肉意外だと、あわび茸の弾力感に惚れてしまいました。

きのこ類の美味しさを感じるには煮るのではなく「焼く」ものだと衝撃を受けました。

その中でもやはり感動の一品はメインの鹿肉でした。
どうしても鹿肉というと少し歯ごたえのある肉質をイメージされるかとは思いますが、ここで鹿肉を食べられた方は必ず考えが変わるはずです。
噛むと弾力はありつつも、とにかく柔らかい!と感じるはずです。

柔らかく食べるために煮込み料理などが多いものの、一度このお店に足を運んでこの味を知っていただきたいです。

食べる楽しみは勿論ありつつ、来店されすぐにお手洗いに向かったお客様のおしぼりを一瞬でも乾燥させないよう工夫する一瞬や、利き手が異なることをすぐに感じ箸置きをすぐさま入れ替える、ささやかだけどもおもてなしの気持ちを感じさせるオーナーの「ホスピタリティ」をこのお店では感じて頂けたらと思います。

期間があるとは思いますが是非、鹿肉を食べに足を運んでみてください!