浅草橋「権」へ

先日、久しぶりに浅草橋「」へ遊びに行ってきました。

水曜日だというのにカウンター以外は空いておらず、大繁盛な夜にお邪魔させてもらいました。

 

カウンターでメニューを眺めながら、今日は何を注文しようかワクワクしていると、、、
冬季限定の雪っこをお土産に持って行ったこともあり、店長さんのお心遣いでなんと岩手(北上)の濁り酒で出迎えて頂きました。

どんなお酒なんですか?と聞いたところ、出てきたのがなんとこのお酒!
喜久盛酒造の純米原種「ビクトル投げからの膝十字固め」

ラベルからして怪しいお酒ではありますが、中身とネーミングについては特に関係が無いらしく、食いつきを意識されて造られたようだということでした。

こちらのお店に足を運ぶ度に冷蔵庫のお酒を眺めると、不思議と目を惹くお酒が溢れている印象だったこともあり、この日も多くの日本酒に楽しませてもらいました。

なかなか地元には帰れないとのことだった村上さんは、今年の盆休みに久しぶりに帰れたとのことで漁師さんのお父さんやお母さんとゆっくり出来たとのことでした。

厨房業務はほとんど1人で行っている村上さんですが、この日も美味しい料理を提供しながらも楽しいお話を聞かせて頂きありがとうございました。

時期によっては三陸の食材も味わい美味しい日本酒も楽しみたいという方は是非、浅草橋から少し歩いた隠れ家のようなお店「権」へ足を運んでみてください。