ビストロ gauche (東京都 八王子)

SONY DSC

店舗名
ビストロ gauche
 住所
東京都八王子市横山町9-22 OK-3ビル 8F
 連絡先
 042-649-5439
 定休日
月曜日
 営業時間
18:00~24:00

鈴木 宏央 37歳
出身 大船渡

 

大船渡との関係

自分の場合は両親の出身が大船渡で、里帰り出産がきっかけで大船渡との関係が生まれたんです。そこから中学生くらいまではいとこや親戚が多かったこともあって、長期の休みとかに遊びに帰っていたりしました。頻度は減りましたが、震災後も二度のボランティアを含め、親戚に会いに伺っています。

ゴーシュ1

一瞬一瞬に感謝を込めて提供

メーカーに勤めて8年目、30 歳を機に、これからの 30 年をどう生きて いくのか考えたことが、自分の場合は人生の岐路でした。これまでの30 年、自分は人の支えなしにはやってこれなかったなぁと、その方々に感謝の気持ちを伝えたいと、その表現方法を悩み抜いた結果、料理人になってお店を開き、料理と空間でもって恩返ししていこうと決め、7年のフレンチ修行を挟み、昨年11月にお店をオープンするに至りました。 店名はフランス語で「gauche(ゴーシュ)」=「左、左利き(転じて、不器用、ぎこちない)」と言います。 元々左利きで、手先も不器用、脱サラから畑違いへの転職ということでかなりの回り道、「セロ弾きのゴーシュ」は岩手出身の宮沢賢治。

 

 

ゴーシュ2

店内は、居心地重視のゆったりした時間をお過ごし頂く方向けのお店です。暖色光と白・茶・紺の3色を基調とした、重すぎない落ち着いた店内を目指しました。生花、ドライフラワー、絵本等の装飾品を飽きることなくいつ来てもお楽しみ頂ける様、時期に合せて変えているのですが、有難くもお客様より多くのお褒めの言葉を賜り、勇気づけられております。記念日、接待、大人の女子会、少人数でのしっぽり打上げ等のシーンでご利用頂けます。
また、マッドな色調、木の温もり、シンプルなつくりの店内を、ビビッドな【生花】と【花器】がアクセントとして店内を彩る姿を目指しました。加えて【ドライフラワー】と【絵本】が控えめに存在を主張し、作家さんの【器】と【シルバー】がマッドな仕上がりのもと、カウンター上に凛として居てくれます。それぞれのキャラと空間全体の調和共々お楽しみ頂けましたら嬉しく思います。

図1

お店だけでは留まらないコンセプト

自分の信念でもあるんですけど、「三方よし」っていう考え方を芯として考え作ったお店なので使っているカップだったり、展示している絵って若い作家さんが作ってくれたり描いてくれたりしてるんですけど、そういう人たちの作品を世の中に広められるような空間にしたいと思って、設計の段階から白や暖色のライトなどを使って画廊のようになるイメージで作ってもらっているんです。

だから段々とかもしれないけど、このお店から世界に発信できる機会となるような場にしていきたいですね。もちろんこの八王子という土地の人達を巻き込んで面白いことをやっていってみたいですね。